プラセンタサプリ効果と副作用|サプリ比較ランキングとおすすめの口コミ

免疫グロブリンA抗体とは、異物を攻撃したり、病原菌の毒素を無害化したりするタンパク質のことです。

 

免疫グロブリンA抗体が作られることで、わたしたちは有害な細菌やウイルスやガン細胞の増殖から体を守ることができるのです。

 

免疫グロブリンA抗体が正しく作り出されるために必要なのが、プラセンタサプリなのです。

 

プラセンタというと皆さん良くご存知ではないでしょうか?

 

プラセンタには、免疫グロブリンA抗体を作り出すのを促す働きがあるのです。

 

便秘は大腸の環境を悪化させる要因で善玉菌の援軍を送り込めば改善します。

 

小腸のみならず、大腸も免疫機能の働きに大きく関わっています。

 

大腸では善玉菌であるビフィズス菌の勢力が重要なカギを握ります。

 

みなさん、プラセンタサプリはいつも摂取していますか?

 

大腸には大便1グラム当たり1兆個もの腸内細菌がすみついています。

 

最近の重量を合計すると、なんと1.5キロもあるのです。

 

その種類は1000種類以上存在すると考えられていますが、正体がわかっ散るのはそのうちの20から30パーセント程度です。

 

大腸に住み着いている細菌は、私たちの体にもたらす影響によって善玉菌(ぜんだまきん)・悪玉菌(あくだまきん)・日和見菌(ひよりみきん)=未知の腸内細菌の3種類に分けられます。

 

日和見菌は、善玉菌にも悪玉菌にも属さない腸内細菌ですが、善玉か悪玉のどちらかが優勢になると、勝ち馬に乗る形で味方をします。

 

そのため、「日和見」と呼ばれているのです。

 

善玉菌、悪玉菌、日和見菌は、大腸でそれぞれに群れを形成しています。

 

なかでも善玉菌群と悪玉菌群は、絶えず勢力争いをしています。

 

大腸で善玉菌群が郵政になったとき、つまり腸内環境が良好になると免疫機能は正常に働きます。

 

逆に悪玉菌が蔓延ったとき、つまり腸内環境が悪化すると免疫力を調整する機能が上手く働かなくなり、病原菌やがんなどが増殖してしまうのです。

 

免疫機能を低下させないためにはわたしたちにできるのは、腸内環境を整えて改善すること。

 

これを「整腸力」と呼んでおり、プラセンタサプリを飲むことで実現できるのです。

 

成長力を低下させる要因は、便通の悪化です。

 

とくに便秘は大敵です。

 

医学的には、「便が3日以上でない状態」を便秘といいます。

 

30~40代の女性500人を対象とした調査では、便秘等長の悩みを抱えている人は96.4パーセントに上るという結果が出ています。

 

20大女性では、2人に1人が便秘という報告もあります。

 

年を取って朝の内容物を送り出す力が弱り、少量の細いベンしか出ない(老人性さい便)も便秘の一種です。

 

便秘はプラセンタサプリを摂取して整腸力を高めることで改善できます。

 

そのためには、肉を食べる量を減らして野菜を多く取ることや、毎日1時間は歩く、ストレスを解消するなど生活習慣の改善が必要です。

 

おすすめしたいのは、プラセンタサプリ、ビフィズス菌や乳酸菌で作られた発酵食品(ヨーグルトや乳酸菌飲料)を取る習慣をつけることです。

 

町内で善玉菌が増えれば、朝は正しく動くようになります。

 

便秘が解消されるばかりか免疫力も高まり、病気の予防や改善につながるのです。

 

免疫力を左右する成長力をチェックしましょう。

 

1、朝食を取らないことが多い。

 

2、野菜不足だと感じる

 

3、運動不足だ。

 

4、常日頃からストレスを感じている。

 

5、ベンが硬くて出にくい。

 

6、ベンが異常にくさい。

 

7、タバコをよく吸う。

 

8、牛乳や乳製品が苦手である。

 

9、週に4回以上外食をする。

 

10、寝付きが悪く寝不足気味である。

 

このうち、チェックが3個以上付いていたら町内何橋の悪化に要注意です。

 

1から6の項目は、1個でもチェックが付けば早急に改善する必要があります。